· 

諦めた「愛児の会」

この日のために、多くの準備を重ねてきたのに、コロナの感染を恐れ、今回は自粛させていただくことにした。

安全性が100%でない限り、私たちはリスクを冒してまで催事に参加することはできない。

 

 私たちのお客様には、妊婦さんもいれば新生児もいる。

 

 私たちが感染源になることは、絶対に許されない。

それが危機管理だ。

 

トキハのバイヤーさんにも、トキハにも大変ご迷惑をおかけして、心からお詫び申し上げます。

担当バイヤーさんとも、綿密にミニ講座の打ち合わせをしていただけに、とても残念だ。

 

しかし、担当バイヤーさんは、快く承諾してくださった。さらに、

「次回は思いっきりやりましょう!」と励ましのお言葉までいただいた。

本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

 

次回こそは。。。。