· 

現代女性は生理の回数が多すぎる?

一般社団法人日本家族計画協会の北村邦夫先生監修のちらしです。

 

昔の女性は沢山の子供を産んでいたため、月経が無い日数も長かったのですが、現代は子供を産む女性も減り、産んでも少ない人数ですので、トータルして月経の回数が増えています。

排卵も月経も女性の身体にとっては負担があり、精神的・社会的なストレスを抱えている人も多いようです。毎月の月経は必要でしょうか?もし月経の回数を減らすことで心身のストレスを減らす事ができたら?もっと女性の生活は楽になるのではないでしょうか。

 

特に月経困難症や子宮内膜症は現代女性に増えています。以下の様な症状があれば婦人科の医師に相談してみると良いですね。

 

☆月経時に痛みがある

☆月経の痛みが以前より増してきている

☆月経痛で学校や仕事を休む時がある

☆月経の時以外も月経痛のような痛みを感じることがある

☆月経痛のみならずかぶれも気になる

 

#大分県#宇佐市#母の家#日本家族計画協会#北村邦夫#多すぎる月経#月経困難症#子宮内膜症#助産師#保健師#妊産婦に優しいははぎ#赤ちゃんに優しいははぎ#hahagi.com