· 

実の親と暮らせない子

日本福祉大学準教授堀場純矢さんの朝日新聞掲載の記事を読みました。

 

日本は子供を守り育てることへのあるゆる公的支援が手薄で、個人や家族の持ち出しや努力に頼ったままだそうです。虐待の要因の5割が経済的困難と不安定な就労にあるとの調査結果も出ています。

 

しかし子供への虐待防止や自立支援など社会的養護にかける予算は世界的に見てもかなり少ないのが現実です。日本では非正規雇用が増え、雇用保険の給付も少ない上に、子供の一時預かりや親への家事・育児支援も少ないため待遇が悪くても時間の融通の利く不安定な仕事を選ばざるを得ない。生まれた環境による格差を縮める為にも子供や家庭に対する政策全体を見直すべきだと述べています。母の家では産前産後の家事サポート事業など子育て中の家族を支援するサービスを実施しています。予算は制限がありますが、宇佐市からの支援金もあり少しづつ利用は増えています。潜在するニーズはもっと多いはずです。公的資金が増え、もう少し低予算でサービスが利用できれば、子育て中のママもイライラせずに心と身体を休めながら日々を過ごせることと思います。

 

#宇佐市#母の家#育児支援#産前産後家事サポート

最初は人見知りをしていた子供たちも、ちょっとずつ慣れ、だんだんママやパパから離れても大丈夫になっていく姿を見ると、やっぱりたくさんの人と触れ合う「経験」をさせるって、大事なことだなーと思います。

 

ママやパパも初めましてーの方が多く、子供を通して話が弾んでいました。

 

手に持っている缶は、母の家のサポーター企業にもなってくれている(株)三和酒類様からご提供いただいた、「いいちこ下町のハイボール」です💗

 

「授乳中のママは飲んじゃ駄目よー!!」と言いながら持って帰っていただきました。ママ達、早く飲みたいよねー(⌒∇⌒)

 

今日は、2月だけど小春日和だったので、みんなで近くの高須観音つり橋公園までお散歩に行きました(^▽^)/ 楽しかったね!

 hahagi®️制作所・店舗

879-0466 大分県宇佐市上拝田475

アクセス地図はこちら

TEL/FAX 0978-25-9888 

営業時間:月〜金 9:30〜17:00

定   休  日:土、日、祝

 

 (合)ユー・ティー企画  

879-0463 大分県宇佐市大字中原186-2

宇留嶋 美弥(助産師)

古屋 邦代(保健師)

 

商標登録 第6089706号

実用新案登録 第3221861号