· 

背中スイッチをオフにする技を学ぶ

夜泣、寝てくれない、解決策ありますか?[基本]

 

◎生活を見直す「朝は明るく、夜は暗く」体内リズムと地球の昼夜のリズムを合わせる(脳の発達を助ける)

 

◎まずは赤ちゃんを観察してみよう。快・不快の原因を探りましょう。お腹がすいた/オムツが濡れている/暑い・寒い/まぶしい・暗い/淋しい・甘えたい。赤ちゃんを相手に実況中継(赤ちゃんの気持ちを想像して気持ちを代わりに言ってみる)[具体的には】

 

◎朝は7時までに起こし、日光浴。朝光を浴びると脳内で睡眠や食欲などをコントロールするホルモン「セロトニン」が分泌される。セロトニンは夜の睡眠を促す「メラトニン」の原料。

 

◎夕寝はさせない。昼寝は早めに短時間で。お昼寝は15時までに完了させ1回1時間程度。

 

◎空腹の時間をじょうずにつくって寝る前にまとめて授乳を。早めに入浴し、空腹時間を作ってたっぷり授乳させる。

 

◎夜は静かで暗いもの。寝るときは光や音を控えよう。深い睡眠を促すためにも余計な音や光は控えると良い。

 

◎やわらかい大人に抱っこされたい。大人がイライラすると赤ちゃんの夜泣きはひどくなります。

 

 

詳しくは明日の教室で。

 

#宇佐市母の家#助産師#保健師